そらのらくがき

お絵描き、うみねこ好きな人のgdgdブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

俳優の田中実さんが亡くなったそうだ。自殺らしい。
周囲の人は「変わった様子はなかった。悩みがあったのなら相談して欲しかった」
という感じで話しているそうだ。

田中実さんが鬱だったかどうかは分からないが、もし鬱だったとしたら周囲の人が悩んでいることに気付かなかったというのも分からなくもない。


明るい話題ではないので続きは追記にて。



鬱はストレスなどで脳内の神経伝達物質セロトニンが減少して気力が湧いてこなくなる(素人なので間違っていたら申し訳ない)病気なのだが本人に自覚がないこともよくある。
自分の性格の問題だと思ってとにかく元気になろうなろうとして元気があるように振る舞うこともある。
その場合とりあえず空元気でも出して元気になろうと努力しているだけで、別に周囲に隠そうとしているわけではない。

自分も鬱気味だったことがあるが、付き合いの長い人には気分の浮き沈みが結構あると思われていたようだが、短い人はその浮き沈みにまるで気付いていなかった(自分の気持ちをあまり表に出さないせいもあるが)


で、問題は自殺するからには相応の理由があるのだろうと普通の人が思っていることではないかと思う。

鬱になると気分が沈み何をやっても楽しくなくなる。
大好きだった趣味でさえつまらないことに思えてくる。
これが問題で、言ってみれば人生に楽しいことがなくなってしまう(厳密にはゼロになるわけではないと思うが重症の場合は分からない)
後はストレスの元となるイヤなことばかり。

この先の人生がイヤなことばかりで良いことがまるで無いように思える。
未来に希望が無くなって死にたくなってくる。

要は人生に希望が持てなくなることが自殺の原因。
ある意味相応の理由と言えるけれど、そうなるストレスの元が相応でないこともある。


ストレスの元は分かりやすい重大な問題の場合もあるが、些細な問題の積み重ねの場合もある。
些細な問題の積み重ねの場合それが死に繋がると、鬱になったことの無い人が理解することはかなり難しいのではないかと思う。
鬱になった者でも他人のそれを窺い知るのは難しいことではあるが。



スポンサーサイト
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<返信~ | そらのらくがき | 座右の銘>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| そらのらくがき |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。